低反発クッションに座るのは男性はやめた方が良いと思う

ちょっと前に爆発的に人気になった低反発クッション、覚えてますか?そう、あのワッフルみたいなデザインしたやつです。

玉子をクッションの上に置いてその上から座れても割れないなんてのが売りになってましたね。

私も長い時間座ることが多いのでお尻が痛くなる時があるので試しに使ってみることにしました。

座るとなるほどお尻が深く沈み込み、なんかクッション効果がありそうな感じで喜んでました。

お尻も確かに痛さは感じなくなってきたので確かにそこそこのクッション効果はあったのだと思います。

しかしですね、違うところが痛むようになってきたんですよ。

それはですね、タマタマ、いわゆる睾丸、そう、男にとっては、天然物の男性にとっては最も大事なところです。

お尻や太ももの裏の部分がクッションで沈み込み込む分、タマタマに当たる部分が高くなってしまうのでそこにも圧力がかかるのです。

仕方がないのでそこの部分だけくり抜いて当たりを弱くしてみたのですが、坐骨の部分の安定感が今度は悪くなるのとやっぱりタマタマの付け根辺りは当たるので前立腺が圧迫されるのです。

前立腺って結構患う方多いから変に圧をかけると怖いですよね。直接の因果関係はわかりませんが優しくしておくに越したことはないと思うんです。

というわけで、クッションは薄手のものに変更しました。

面倒でも座る時間が長いなと思ったら少し立って軽く体を動かす、これが一番見たいです。

ちなみに題目は男性に絞ってますが、女性はどうなんでしょう?余計なものは天然物の女性でなくても付いてないんでしょうが、やっぱり不自然なところに圧がかかるようだとやめておいた方が良いと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。